女性の視点で 防災対策を!

2009年12月16日 10時57分 | カテゴリー: 議会報告

ぴよぴよ日記19 〜12月の一般質問から

 阪神淡路大震災の犠牲者は、女性の方が1,000人多く亡くなっていたことをご存知でしょうか。古い家や木造文化住宅が壊れ、女性のお年寄りがもっとも多くなくなりました。これは女性が長生きだからではなく、長年働いても男性の半分しか給料や年金を貰えなかった、女性の老いの貧しさが背景にあるのです。

 さらに避難所で、瓦礫の街で、女性たちは平常時よりずっと増える男性からの暴力(DV・性暴力)におびえ、子どもたちもストレスを抱えた親からの虐待を受けやすくなります。生活環境が悪化する中で、男女共に復興作業と生活維持のために2重のストレスを抱え、弱者への暴力が起こりやすくなるのです。さらに障がいを持った方々にとっては施設のバリアフリーだけが問題なのではなく、情報格差や無理解と言う課題も大きいのです。

 こうした女性や子ども、高齢者や障がい者が直面する問題を予測して、災害計画には当事者の視点を盛り込む必要があります。

 12月議会の一般質問では、①女性の視点で防災指針の作成をしないか ②性別に配慮した避難所の設計・設営と、男女双方のリーダーを登用しないか? と質問しました。

 市では、確かに女性委員が少ないことを認め、今後は地域の女性も参加している自主防災組織と連携して「避難所管理運営マニュアル」を作ると答弁。また、避難所の女性のリーダーの配置やその研修については、関係課と対応していきたいと前向きな回答が得られました。

 さらに、災害時の給水拠点である浄水場の管理も都ときちんと協議すること、井戸や路地尊を、いざ!というときのために、広場や公園などに設置していくように求めました

 近い将来M7級の地震が「必ず発生する」との前提で備えを進める必要があります。
 今後は、独居の高齢者住宅の耐震化や見守りなどの地域ネットワーク構築、障がい者一人一人を支える「個別支援計画」など、さらに研究し、取り組んでいきます。