★4/7一人芝居『ひとみ』のご案内~慰安婦問題は平和問題~

2015年4月5日 03時23分 | カテゴリー: 憲法・法案, 活動報告

★4/7の19時半から、市民交流センターで朗読と一人芝居「ひとみ」が上演されま
す。いよいよ公演日が迫ってきましたので、改めてご案内いたします。

前回もここでお知らせしたとおり、「従軍慰安婦」については、昨年「吉田証言」が虚偽であったとして、朝日新聞が謝罪記事を書きました。それを理由に、かつて自治体から国に提出した慰安婦への謝罪を求める意見書は、根拠がなくなったのだから撤回せよと迫る意見書が、近隣では清瀬や三鷹市で採択されました。

小金井市議会でも、自民党がこの3月議会で同様の内容の意見書提案の用意をしていましたが、なぜか突然取り下げる一コマがありました。

小金井の自民党は他会派と調整し、「吉田証言の誤りを国からも世界中に多言語で発信せよ」と求める内容に案文を変更していました。吉田証言が、国や国際社会に与えた影響が絶大だった、という前提に立ったものですが、このような事実はありません。これは何としてもくい止めなければと考えて、この状況はネット平和部会のメンバーを通し素早く市民の方々にも共有されていきました。

そして短期間に多くの市民の署名を添えて、「意見書は提出しないでいただきたい」とする要望書を議長に提出する寸前までいった矢先の取り下げでした。

小金井市議会では今回は食い止めましたが、例えば教科書からは「従軍慰安婦」は消えています。悲惨な事実を知り、事実から学ばなければ、彼女たちは「職業売春婦」であり、「従軍慰安婦」は無かったのだと信じてしまうでしょう。それは、あの大戦は聖戦だったことにしたい思惑と重なり、再び戦争が出来る国にする流れと一致すると危惧されます。
慰安婦問題は重大な人権侵害であり、戦争へとつながる平和問題です。

一人でも多くの方に「慰安婦」へ関心を持っていただきたい。忘れてはいけないことです。

前売り券は、小金井ネットでも預かっています。
大人¥2,500  大学生¥1,000  中学生¥500
ふらりねっと  042-387-1068