★強行採決許さない!~初スタンディング@ムサコ~

2015年9月18日 02時04分 | カテゴリー: 憲法・法案, 活動報告

 

 

 

 

 

★雨の国会前で「戦争法案絶対廃案!」頑張ってくれた皆さま、ありがとうございました‼

今日にも強行採決か!と言われている中、午前中は「資源循環推進調査特別委員会」。午後は代表者会議。国会前にはこがねいピースアクションの仲間が3時集合で駆けつける予定。ピースアクションの仲間達から、続々と届く国会からの中継メール。「委員会で強行採決」という声は控え室で聞いた。

このような暴挙は歴史に残るものとなるだろう。
この雨の国会前も、「民主主義がより一層市民のものとなる始まりの日」にしなくてはいけない。

憤りで落ち着かない気持ちのまま、会派代表者会議などなど目の前の用件をかたずける。
ピースアクションのえっちゃんが、今夜は駅頭でスタンディングしようかな、と言ってたっけ。
私もレインコートで自転車を飛ばして、駅前で合流。最初は2人だけだったけど、国会から皆んなが戻るまで頑張ろう〜〜と、励まし合う。でもとっても気持ちのいいスタンディングだった!コレっていいね‼️
知らない人が「ガンバロ〜」とか「ありがとう〜」と声を掛けてくれる。ガッツポーズでニコッと笑顔で通り過ぎていく。知り合いや、雨の国会前から戻った人達とはハイタッチでお疲れ様!o(^_^)o
途中から仕事帰りの小山美香も参加。

保育園時代のママや、国会から戻ったところです、という女性も一緒に並んでくれた。皆さん、ありがとうございます!
目の前を通り過ぎる人達も、書かれたプラカードの文字をちゃ~んと読んでいるな、とわかる。

駅頭でのアピールは沢山経験したけど、ただ黙って立っているだけなのにこれほど面白いとは知らなかった。

確かに大きな音をたてるでもなく、欲しくもないチラシ(?!)を押し付けるでもなく、ただプラカードを持ち立っているだけだからかな、反応が暖かい。
「強行採決、これはどうなっちゃうんですか?」という戸惑いも聞こえる。でもこれでもうダメ、と諦めてはアベ政権の思う壺。少なくとも参議院選までは追い詰めて追い込んで、とっとと退陣していただかなくては。

明日は厚生文教委員会で、保留になっていた議員案の条例が審査される。認可と認可外保育園との保育料格差を是正するものだ。安心して子どもを産み育てるためにも、良質な保育園の整備と保育料の格差是正は欠かせない。

しかしそうして育った子どもたちが、経済格差で戦場に赴く様に仕掛けられる世の中になど、決してしてはならない。私たち大人の責任は一層重い。

写真の果物は前夜のふらりねっと会議の差入れ。赤紫色の巨峰はS家のお庭で出来たもの。秋の味覚に癒されます。

田頭 祐子さんの写真