◆DVDミニ鑑賞会◆ ~戦争という過ちを繰り返さないために~

2017年8月19日 04時46分 | カテゴリー: 憲法・法案, 活動報告

【小金井・生活者ネットワーク平和部会からのお知らせ】

今年は終戦記念日にかけてのNHK特集に驚かされました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

1)8/13 BS1スペシャル 『なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った”真相”~』

2)8/14 NHKスペシャル『731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜』

3)8/15  NHKスペシャル『戦慄の記録 インパール』

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

安部政権がここまできて、やっと動きだしたのかと、ようやくNHK社会部の良心を感じる事ができました。

このような報道番組を観た後は、誰かに感じた事など話したくなりますよね。

ネットの平和部会では、一緒に戦争や平和についての映画を見て、その場で語り合える小さなDVD上映会を企画しました。

自分の家族や大事な人たちに、平和への想いを伝えるためにも、同じ場で見て感じて語る時間を持ちませんか?

今後も続けたいと思いますが、まずは第一弾です。

◆DVDミニ鑑賞会◆ ~戦争という過ちを繰り返さないために~

とき :8月25日(金)午後2時~4時(会場1時45分)

ところ:ふらりねっと(小金井・生活者ネットワーク事務所内)

参加費:無料

定員:15名

1本目「泥にまみれた靴で_未来へ繋ぐ証言 侵略戦」

~元日本軍兵士だった方々が戦時中の加害体験を語ります。~

2007年:日本中国友好協会制作・26分

2本目「ONE SHOT ONE KILL」(一撃必殺)

~米国サウスカロライナ州にある新兵訓練所の様子を追ったドキュメント~

2011年:森の映画社制作(影山あさ子プロデゥース)・68分

 

 

 

 

◆同時に 【中学の歴史教科書】の比較もします。

    現在、灘中、麻布中、慶應、法政二校などのエリート校で使われている「学び舎」の教科書と問題のある「育鵬社」の教科書を比べてみます。

    灘中では、校長に「なぜ学び舎の教科書を採択したのか」と自民党議員から政治的圧力ともとれる問合せや、差出人不明の抗議のハガキが大量に届いたとのことです。

    学び舎の「ともに学ぶ人間の歴史」は感動するほど素晴らしいです。圧力や嫌がらせに負けず使い続けてほしいものです。

    一方、戦争や原爆などの非人道性を伝えない偏った内容の「育鵬社」の教科書が都立の中高一貫校で使われていることは問題です。安倍政権が望むところの人づくりがすすむので    はと危惧しています。現代では、教科書に沿って授業を進めることが教師に求められているそうなので、教科書の内容は重要です。

◆安部政権の下、日米の軍事一体化がすすめられています。今こそ過去の戦争に学び、不戦の誓いを新たにしたいものです。

 皆さまのご参加をお待ちしています。

主催:小金井・生活者ネットワーク平和部会(部長 中嶋直子)