これでいいの?都立高校

2012年7月11日 03時23分 | カテゴリー: 活動報告

〜子どもの視点で見直してみよう〜

●都政フォーラムのご案内です。
高校無償化で、都立高校はどう変わったのでしょうか。
三鷹高校元校長の土肥先生を講師に、変革の激しい都立高校の現状を知り、子ど
もの権利を最優先に守る視点で、公教育の課題と希望も見出したいと思います。

土肥先生は、校長在職中に「職員会議において職員の意向を確認する挙手・採決
の禁止」(通知)の撤回を都教委に要求されました。
背景にはどのような思いがあったのでしょう。

学校での子ども達とのふれあいの様子も、TV朝日のドキュメンタリーDVDでご紹介します。

第2部では、現役高校生やかつての高校生!?たちも、テーブルに分かれて『都立高校はどうあって欲しいか』意見交換します。

最後に東京生活者ネットワーク都議会議員・山内玲子より、都立高校改革や特別
支援教育への対応など、報告があります。

中高生の参加大歓迎♪
学生は無料です。

ふるってご参加を!!

●日 時: 7月15日(日) 14時〜16時30分
●場 所: 国分寺 飛鳥ホール 国分寺駅ビル8F 

①.講演&DVD 「東京都の教育の実態と言論統制問題」
  講師:土肥信雄さん(元都立三鷹高校校長。法政大学、立正大  学非常勤講師)
  
②.ワークショップ「都立高校はどうあってほしいか」
  全員参加でわいわい語ろう! 
  高校生をお持ちのお父さん、お母さんはもちろんのこと、現役  高校生・ちょっと前まで高校生だった人・わけあって行ってな  い人の参加をお待ちしています。

●コーディネーター:都議会議員 山内れい子さん
●参加費:500円(学生の方は無料)
●参加申し込み先:小金井ネット042-387-1068