国立景観訴訟 完済お祝いの会に参加しました♡

2017年12月27日 01時06分 | カテゴリー: まちづくり・防災, 活動報告

「私は上原公子」㊗️おめでとう完全弁済❣️
民主主義と住民自治を諦めない❗️
とても励まされた夜でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内画像に含まれている可能性があるもの:9人、、スマイル

上原公子をひとりにしない。「くにたち上原景観基金1万人の会」が4,500万円もの賠償金を肩代わりして募金を集め、11月21日、国立市に全額支払いを終えた。
目標とした5,000万円を超えて、
全国から50,186,382円も集まったと言う。

高層マンション建設による景観破壊を食い止めようと、市民の選んだ市長に対し、国立市は「住民運動を利用して建築を妨げた」と裁判に訴えた。

実質的には国立市は損害を被っていないにも関わらず。

最高裁は、首長個人に賠償責務を課した。
この事は、裁判には負けたが自治する市民の選択と民主主義を、上から圧する政府の意図を可視化する事につながったと言える。
上原裁判の決定後、政府は沖縄県民による辺野古の戦いに対して、翁長県知事の個人責任を裁く件についても言及している。

自治の精神は「私は上原公子」と言う声になって広がり、9ヶ月間という誰も想像しなかったスピードで賠償金を完全弁済させた。

『司法上での「負け」は、市民による「完全完済」で、誤った司法と行政に対する市民自治の勝利宣言につながった』と、集会の最後に高らかに声明文が読み上げられました❤️

上原公子さんと、たくさんの「私は上原公子」の皆さん、本当におめでとうございます❣️

画像に含まれている可能性があるもの:1人、室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
+6